性病とテトラサイクリンと筋肉痛について

日本は、性病にかかる若い女性の数が増加しています。
特に性器クラミジア感染症の患者は多く、中には、10代の若さで感染する女性もいます。
性器クラミジア感染症は、クラミジアが原因となって発症します。
病原体は、生殖器や泌尿器の粘膜に感染しますが、人によっては目や喉に感染する場合もあります。
最近は、フェラチオなどのオーラルセックスを行う人も増えており、喉に感染するケースも少なくないのです。
性器クラミジア感染症は、男性も女性も症状が出ない人が多いため、自分では気付かないままに感染を広めてしまうこともあります。
女性の場合、性器クラミジア感染症が重症化すると、不妊症の可能性も出てくるので、注意が必要です。
男性の場合、性器クラミジア感染症にかかると、まず尿道炎を起こします。
症状が進んだ場合、精巣上体炎になる人もいます。
精巣上体炎になると、激しい痛みや高熱が出て、悪化すると無精子症になることもあります。
また、筋肉痛になることもあります。
性器クラミジア感染症にかかった場合、治療には抗生物質を使うことが多いです。
治療薬には、テトラサイクリン系の治療薬など、様々な治療薬があります。
クラミジアに有効な治療薬を早めに服用することで、早期回復が期待できます。
性病は、パートナーも感染していることが多いです。
ですから、検査と治療を受ける場合は、パートナーと一緒に受けた方が安心です。
パートナーが感染したままでいると、再度感染する危険があるのです。
性病に感染したことがわかった場合、女性の場合は婦人科で治療し、男性の場合は泌尿器科で治療することが多いです。
性病は、コンドームを使うと感染する危険が少なくなるので、予防のためにもコンドームはつけた方が安心です。