残尿感は性病かも対策はしっかりと

性病にかかったことのある人、性病にかかった人から話を聞いたことがある人は、その症状の一つに残尿感があるということを知っている人もいるかもしれませんね。性病はいろいろとありますし、その感染になる原因菌もたくさんあります。しかし、その多くの症状の一つに残尿感があげられるのです。性病に感染するというのは、性行為を介して感染するということです。男性の性器は一つ、そこから尿と精液が排泄されますね。女性の性器は膣の場所と尿道の場所は異なりますが、近い場所にあるために膣で感染したのが、尿道にも影響があるのです。特に男性の尿道は女性に比べて少し長いのですが、女性のものは少し短いので、より感染のリスクが高まります。通常は尿道口から感染源となる菌が入ってきても、排尿をするので、洗い流しますし、自浄作用があるので、感染を自分で防ぐ働きがあります。しかし体の抵抗力が弱っていたり、性器周辺の皮膚が荒れていたりすると感染のリスクが高くなるのです。そのためにいつ性病になるのか分からないのですね。また膣の中や尿道口の中は粘膜になっています。そのために傷もつきやすいのですね。ではどのような対策をとっておくと、性病に感染するリスクを減らすことが出来るのでしょうか。まずは性行為をする前に身を綺麗にすること。これは手指はもちろん、陰部や口腔内も清潔にしておくことが理想的です。また実際に挿入するときには避妊具を使用するのが相手に対するエチケットですね。その避妊具とはピルを飲むだけでは意味がありません。それはピルは性病を防ぐ作用はないからです。効果的に予防できるのは、コンドームといえるでしょう。できればペニスが硬くなってからすぐ付けて性交をすることが大切です。